第11回 亜麻フォトコンテスト 入賞作品発表

第11回 亜麻フォトコンテストに多数のご応募をいただきまして、誠にありがとうございます。
2016年11月に審査を行いました。

最優秀賞

富士本 晃さん
<綻び開き実る亜麻>

太陽、雲、青空、亜麻の花、影など
たくさんの要素がバランスよく組み合わさっている。
新聞なら一面に掲載されてもおかしくない写真。
パッと見た時の印象がとても強くて素晴らしい。
光と影の調和が素晴らしい。

綻び開き実る亜麻

優秀賞

桧山 賢一さん
<当別町に真夏の花群が。。思わずうっとりです!>

花だけでなくつぼみにも焦点を当てている。
くっきりとした洋画のような写真。
濃い花の色が印象的。

当別町に真夏の花群が。。思わずうっとりです!

優秀賞

佐々木 貴子さん
<ありがとう>

幻想的でリアル感がなく不思議な印象を受け、ひきつけられる。
余白が美しく、このまま暑中見舞いに使えるような
バランスの安定感がある。新しい形の挑戦。

ありがとう

佳作

梅田 竜也さん
<目覚め>

花が咲き始める直前の面白い形を記録した、
明るい印象の作品。

目覚め

佳作

平野 好恵さん
<包み込むように>

ボケの強い印象。
我慢強く待って、絶妙のタイミングをとらえた。

包み込むように

佳作

内藤 恵美さん
<感謝 ~亜麻の花言葉~>

早朝の光を逆光でうまく優しさを表現している。
色調がまとまっていて、安定感がある。
か弱い亜麻の雰囲気が良く出ている。

感謝 ~亜麻の花言葉~

佳作

清水谷 ゆかりさん
<亜麻色>

前ボケが有効で、濃淡をシンプルに表している。
すべて裏側から花を見ているなど統一感があって、
整理されており、見ていて心地が良い。

亜麻色

佳作

荒木 徹さん
<フラックスブルーの小径>

この美しい庭そのものも作品。
ヨーロッパの映画に出てきそうな風景。
小道の茶色が映え、
光と影のコントラストが奥行きを感じさせる。

フラックスブルーの小径
審査員
宮司正毅 当別町長
走川貴美 AMAサポーターズ倶楽部 代表
走川正裕 カメラマン
永倉吉裕 あさぶ亜麻保存会
浜本道夫 北海道新聞編集局写真部
津崎弘樹 当別町亜麻生産者組合 組合長
橋本眞一 有限会社亜麻公社 代表取締役
有限責任事業組合亜麻ルネサンス