第13回 亜麻フォトコンテスト 入賞作品発表

第13回 亜麻フォトコンテストに多数のご応募をいただきまして、誠にありがとうございます。
2018年11月に審査を行いました。

最優秀賞

伊藤 範行さん
<雨上がり 短い時を誇らしく>

題がすごく良い。詩とか川柳みたい。
バックが黒く落ちていて、花がくっきり浮き上がっていて、
亜麻の可愛さが際立ってみえる。
実はボカすとこはボカしていて、技術的にもすごいです。

雨上がり 短い時を誇らしく

優秀賞

富士本 晃さん
<球(きゅう)>

異色の作品でいままでなかった写真です。
秋の感じがでていて、
秋の亜麻をアート的なインパクトをもって表現してますね。
技術的にもよくこんな写真が撮れたと思います。

球(きゅう)

優秀賞

佐々木 義盛さん
<夢とロマンの町 当別>

一目見ていい写真ですよね。
単純な中で人がいることで印象的な作品に仕上がっている。
映画みたい。

夢とロマンの町 当別

佳作

富士本 晃さん
<リースの行進に花添える>

これも今までなかった視点です。
日常の中で亜麻が咲いている写真はなかった。
当別ならではのお祭りと亜麻のシーンを
切り取った写真で地域性も表現されています。

リースの行進に花添える

佳作

猪俣 基男さん
<今年の蜜は甘いよ>

虻もすごく小さいし、花も小さい。
よくここまでピントがあっているね。
亜麻の花と虻両方がすごく綺麗。
後ろの緑の感じもすごく綺麗。

今年の蜜は甘いよ

佳作

宮口 悦子さん
<かくれんぼ>

狐は結構きますね。食べ物を探しにくるのかな。
里山っぽい畑には捕食する動物なんかがいるのかも、、、
亜麻畑の里山っぽさがよく表れています。

かくれんぼ

佳作

小竹 千春さん
<きあげは、フワリ>

よくここまで撮れましたね。
一眼レフではないカメラですごいタイミングです。
本当に美しい写真ですね。

きあげは、フワリ

佳作

相馬 守さん
<夏陽を浴びて>

前ボケをすごくうまく使っている。
とても綺麗だと思います。センスが良いと思います。

夏陽を浴びて

審査員特別賞

小野 高秀さん
<麻生の街角を彩る亜麻の花>

スマホならではの作品。
花がいっぱいにみえますね。
こんな身近な亜麻の写真も多くなるといいね。

麻生の街角を彩る亜麻の花
審査員
走川貴美 AMAサポーターズ倶楽部 代表
走川正裕 カメラマン
永倉吉裕 あさぶ亜麻保存会
山田浩嗣 当別町企画部企画課
津崎弘樹 当別町亜麻生産者組合 組合長
橋本眞一 有限会社亜麻公社 代表取締役
有限責任事業組合亜麻ルネサンス