HOME > お知らせ

一年草亜麻の育て方

2016年4月26日 | お知らせ

明治初期、亜麻は茎から繊維を採るために北海道開拓使によって導入されました。最盛期には北海道内85箇所もの亜麻工場があり、各地に麻生の地名としてその名残を感じることが出来ます。戦後、化学繊維が大量生産されるようになり、姿を消してしまった幻の植物です。私たちは、もう一度北海道のあちこちで亜麻の花が見られるようにしたいと願っています。

亜麻の原産地は中央アジアの乾燥地帯です。現在の亜麻は、寒冷地に適しており、世界の栽培地を見ると札幌よりも高緯度地方です。このような亜麻ですから、高温に弱く、乾燥に強いという特性があります。また、丈夫な植物ですので土の質は問いませんが、花を楽しむには肥沃な土の方が良いようです。

※一年草亜麻の種の販売はしておりません。

育て方

種をまきます(4月下旬~6月上旬)

【プランターの場合】

  • 遅くとも5月の半ばまでに種を蒔いてください。それ以降でも花は咲きますが、背丈が低く花の数も減ってしまう傾向にあります。
  • プランターの底に赤玉土などを敷いて(元々乾燥地原産ですので水はけを良くしてください)、花用・野菜用の土を入れてください。肥料入りの土をお使いの場合は、特別肥料を加える必要がありませんが、肥料分のない土をお使いの場合は、花用・野菜用の有機・化学肥料を加えてください。量は、市販の肥料によって異なりますが、肥料の袋などに記載されている指示に従って一般の花と同じ量を与えてください。
  • 種を蒔く深さは約1cm。だいたい2cm間隔くらいのばら蒔きにしてください。蒔いた種の上に土をかぶせます。発芽までは毎日水を遣ってください。ただし、水の遣りすぎには注意してください(元々乾燥地原産の植物ですから)。土の表面が湿る程度で結構です。

【花壇・畑の場合】

  • 遅くとも5月の半ばまでに種を蒔いてください。それ以降でも花は咲きますが、背丈が低く花の数も減ってしまう傾向にあります。
  • 種を蒔く場所は、湿った場所よりも水はけの良い場所の方が適しています(元々乾燥地原産ですので)が、丈夫な作物ですので湿った場所でも無理ということはありません。
  • 最低でも深さ15cmは耕してください。深さが足りないと、成長して背丈が高くなった時に倒伏する原因になります。
  • 肥料は市販のもので結構です。量は、一般の花と同じです。肥料の袋などに記載されている指示に従ってください。
  • 種を蒔く深さは約1cm。だいたい2cm間隔くらいのばら蒔きにしてください。蒔いた種の上に土をかぶせます。基本的に水は遣らなくて結構です(元々乾燥地原産の植物ですから)。雨のない日があまりにも続いて土の表面がひび割れるようでしたら少し水を遣ってください。

発芽します(種まき後約5日)

【プランターの場合】

  • 3~5日程度で発芽します。
  • 発芽してからは、土の表面が乾いているときだけ水を少し遣ってください。

【花壇・畑の場合】

  • 気象条件によりますが、3~10日で発芽します。
  • 基本的に水は遣らなくて大丈夫ですが、土地の表面がカラカラになっていたら水を遣ってください。

本葉が出ます(種まき後約10日)

【プランターの場合】

  • 発芽後5~10日程度で本葉が出ます。
  • 土の表面が乾いているときだけ水を少し遣ってください。

【花壇・畑の場合】

  • 発芽後5~10日で発芽します。
  • 基本的に水は遣らなくて大丈夫ですが、土地の表面がカラカラになっていたら水を遣ってください。

ぐんと伸びます(種まき後約45日)

【プランターの場合】

  • 発芽後1ヶ月半の間に背丈が60cmほどになります。
  • 土の表面が乾いているときだけ水を少し遣ってください。

【花壇・畑の場合】

  • 発芽後1ヶ月半の間に背丈が60cmほどになります。
  • 基本的に水は遣らなくて大丈夫ですが、土地の表面がカラカラになっていたら水を遣ってください。

花が咲きます(種まき後約70日)

【プランターの場合】

  • 発芽後2ヶ月くらいで花が咲きます。
  • 日の出と共に花が咲き、昼過ぎには散ってしまいます。可憐な花です。
  • 花を長く楽しみたい場合は、花が咲き始めた頃に追肥してください。追肥の量は、種蒔きのときの量の半分を目安にしてください。
  • 土の表面が乾いているときだけ水を少し遣ってください。

【花壇・畑の場合】

  • 発芽後2ヶ月くらいで花が咲きます。
  • 日の出と共に花が咲き、昼過ぎには散ってしまいます。可憐な花です。
  • 花を長く楽しみたい場合は、花が咲き始めた頃に追肥してください。追肥の量は、種蒔きのときの量の半分を目安にしてください。
  • 基本的に水は遣らなくて大丈夫ですが、土地の表面がカラカラになっていたら水を遣ってください。

実がなります(種まき後約120日)

  • 小指の先ほどの鞘をつけます。
  • 鞘の中には最大で10個の種が入っています。
  • 鞘を良く乾燥させて、鞘を割り、種を保存してください。
  • 翌年の春、また蒔くことができます。

よくある質問

Q種を蒔くのが遅くなってしまいました。来年まで待ったほうが良いでしょうか?
A北海道・東北地方なら6月半ばくらいまでなら、種を蒔いても花が咲きます。そのほかの地方の場合は、蒔いたことがないので分かりませんが、同じくらいの時期なら大丈夫だと思います。亜麻は気温よりも日長(昼と夜の時間の割合)に左右される植物ですので。ただし、時期が遅いと背丈は低く花の数は減る傾向にあります。
Q種を蒔いてから2週間経ちましたが発芽しません。どうしてでしょうか?
A種を蒔いた深さが深すぎませんか? 1cm程度が最適です。表面の土を少し削りとってみてください。乾燥しすぎていませんか? 水の遣りすぎは良くありませんが、適度な水分は必要です。亜麻が一番水分を必要とするのは発芽のときかもしれません。土が湿る程度の水を遣ってみてください。鳥に食べられていないでしょうか? 少し土を掘り返してみてください。種はありますか? なければ、蒔き直すしかありません。亜麻の種は保健機能が注目されている栄養素がたくさん入っています。さぞや健康な鳥になったことでしょうね、花を楽しめなくて残念ですが・・・
Q花が咲く前に茎の下のほうが黄色くなってしまいました。枯れているのでしょうか?
A水を多めに遣ってみてください。土が酸性になっている可能性があります。市販のアルカリ性の肥料(石灰質のもの)を少し遣ってみてください。
Q背丈が伸びません。茎が乾いているように見えるのですが・・・
A水を多めに遣ってみてください。プランターの場合、コンクリートの上など照り返しの厳しいところに置いていませんか? 風通しの良い場所へ移してみてください。
  • 亜麻の里だより
  • 亜麻日和
  • facebook
  • 営業日カレンダー

    営業時間について/
    土曜・日曜・祝日の配送業務・メール対応は定休日とさせて頂きます。定休日の前日12:00以降のご注文は、翌営業日以降の発送となります。また、 メール等でのお問い合わせへのご返信は、翌営業日となります。ご了承ください。
    ※お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
    【営業時間】9:30~20:00(土曜・日曜・祝日)
    ※インターネットからのご注文は24時間365日承っております。

  • ご注文・お問い合わせ方法

    お電話でのご注文・お問い合わせ/
    0800-900-4149
    ※土日祝日も承ります。携帯電話・PHSからでもご利用いただけます。

    送料/9,000円(税込)以上のお買い物で送料無料。

    お支払方法/クレジットカード払い、銀行振込、代金引換
    ※メール便の場合は代金引換をご利用できません。
    ※銀行振込は商品発送前にご入金をお願いいたします。
    クレジットカード

    お届け方法/配送はヤマト運輸の宅配便またはネコポス便でお届けいたします。ご注文日から原則として3~5営業日以内に発送いたします。
    ※メール便対象商品4個以上ご注文の場合は宅急便になります。
    ※メール便対象商品以外と同梱の場合は宅急便になります。
    ※お届けする希望日・時間帯をご指定いただけます。
    お届け時間帯

    返品・交換/返品・交換の場合は、商品のお届けから7日以内にご返品ください。商品到着後14日以内にご連絡ください。商品破損・不良品の場合は当店が返送料を負担いたします。開封後の返品はお受けできませんのでご了承ください。お客様のご都合による返品の場合の送料・振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。


亜麻の里からお願いです

お客様へのメールでのご連絡につきまして、パソコン・携帯でのドメイン設定(迷惑メール設定など)をされておりますと、当店からのメールを受信できない事がございます。迷惑メールフォルダに振り分けされていることもございます。

  • メールにてお問い合わせいただいた場合の返信
  • ご注文確認メール
  • 商品発送のお知らせ
  • 定期購入/次回お届け内容のご案内など

※メールでのお問い合わせ後、2~3営業日経過してもメールが届かない場合は、必ず一度受信設定をご確認の上、再度ご連絡下さいませ。

pagetop